第56話

ごじゅうご
27,799
2019/09/09 23:01
さとみ
…何かって…どんなこと?
あなた
あー、私も詳しくは覚えてないんだけど、なんか、私が死にそうとか、ライブ会場に行かなきゃいけないとか、あと、えっと…その…
さとみ
?あと?
あなた
っ……愛し、てる…とか…


















































バカか。相手の言葉を引用するだけじゃん。


何照れてんの私。


恥ずかしいので心の中で自分につっこむ。


口にするだけで紅くなる。


私ってこんなに純粋だったか?






















































さとみ
あ、あー…あ〜…
あなた
?どっちなの?
























































後ろから抱きしめる力が弱くなったのを


見計らって、彼の腕から脱出する。


くるりと身を翻して彼の顔を見ると


なんと、まぁ…。















































あなた
え、…さとみくん、なに、照れて
さとみ
ちょ、今見んな…











































手で目から下を隠す彼。


さとみくんのこんな表情見たことない。


隠してるつもりなんだろうけど


耳や首まで紅くなってるよ←


どういうことなんだ、図星なのか、そうなのか




















































さとみ
…聞こえてたの
あなた
え、じゃあ本当に、さとみくんが言ったの?私の妄想じゃなくて?
さとみ
こんな恥ずかしい思いをしてまで嘘つくかよ


















未だ赤みの引かない顔のさとみくんが


睨んでくる。


余程認めるのが嫌で、恥ずかしいのか。


可愛いところあんじゃーんw←


























































さとみ
…なにニヤニヤしてんだよ
あなた
いやぁ?さとみくんも可愛いところあるんだな〜って?
さとみ
ところであなた、何でこんな事を聞いてきたんだよ


























































…反撃くらった。


やばいこれは。



























プリ小説オーディオドラマ