無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

33
2021/06/16

第2話

此処で言う意味特にないけど。
どうも、雨兎です。久しぶりといえば…そうですね。

あの…僕、小説今全然書いてないじゃないですか。
朱色物語はまぁ、終わらせようとすればすぐ終わるけど。
じゅじゅがね、全然書けてないなぁ…って思いまして。
もう、じゅじゅ書くの辞めようかな…みたいなのも考えているんです。
ちょっと色々と忙しいので。
…じゅじゅ辞めてもいいですか?

アンケート

辞めてもいいよ
36%
辞めないで書いて
18%
遅くてもいいから書いて
36%
自分が続き書きたい(?)
0%
その他
9%
投票数: 11票
ちなみに僕は、あんなクソ設定で良ければ誰かに書いてもらいたい(((人任せめ

なんか…色々やる事もあって…気持ちが整理ちゃんと出来ないんです。(関係ない。)

それで、学校とか行けなくなって、まぁ、怒られるじゃないですか。タブレット没収になるじゃないですか。→小説書けない。ってなる訳なんですよ。


…はい。そんだけなんですけど。

これからなんか話す時は此処使うと思います。(雑談部屋非公開中)
もうちょいで、アレがあるんでね。あと、1週間も経たないうちに。とある記念日が。(わかるかな?)


多分こらからは大体見る専になると思います。気が向いたりしたら小説書きます。

以上、最近マジで眠れなくなった雨兎からでした。では。
誰か眠りにつける方法(?)教えて((