第11話

10
262
2024/02/22 13:54
th side
知らない部屋で  、知らない男に僕は犯されている  。
知らない家

知らない匂い

知らない天井

知らない男

知らない表情 。
どれも僕の好奇心を擽る  。
スビン
スビン
もう  、挿れていい ?
テヒョン
テヒョン
っ  、来て下さい ...  。
ゆっくり  、ゆっくりスビンさんの
モノを僕の穴にあてがわれる 。
テヒョン
テヒョン
ぁ  、っ ....  /
スビン
スビン
これ  、俺の初めてだから  。
これから俺と沢山しようね
テヒョン
テヒョン
ん  、すびん  ..  さん  、  /
スビン
スビン
なに  、可愛い顔しないでよ  ㅎ
頭を優しく撫でられて  、不意にもどきどき
してしまう自分が確かにいた 。
スビン
スビン
それに 、今だけスビニヒョンって呼んで ?
テヒョン
テヒョン
す  、すびにひょん  ?  /
スビン
スビン
ん  、良い子  。ㅎ
テヒョン
テヒョン
ぁ  、ぁぅ  ....  ♡
テヒョン
テヒョン
ん  、ゃ  、いく  ぃっちゃう ...  /
スビン
スビン
いっていいよ  、早くいって
テヒョン
テヒョン
ん  、ぁあ  っ  ♡♡♡
スビン
スビン
んん  、ありがと  。
ちょっと1人でしてくるね
テヒョン
テヒョン
や  、まって
スビン
スビン
なに  ?
テヒョン
テヒョン
僕も  、ひょんの事いかせます  、。
僕だけ気持ち良くなって終わるのも申し訳ないと
思った僕なりの配慮だった 。
スビン
スビン
ん  、じゃあ お願い  。ㅎ

プリ小説オーディオドラマ