第8話

7
346
2024/01/28 00:58
yj side
そういえば最近楽曲制作をしていない  。
テヒョナが家に来てからずっと
俺達はテヒョナに釘付けで 、
自身がすべき事を完全に忘れている 。
ヨンジュン
ヨンジュン
仕事しよ  。
デスクに向かって1枚の紙を取り出して
歌詞を書いていく 。
テヒョン
テヒョン
ひ ぁ  、やら  いっちゃ  .. ♡♡
ボムギュ
ボムギュ
イけってば  、本当可愛いんだから ㅎ
テヒョン
テヒョン
ぅ  、あ  ッッ ~~~  ♡♡♡
ヨンジュン
ヨンジュン
... 集中出来ねぇよばか  。
ボムギュの野郎  、
うちが壁薄い事知らないのか 。
俺は前に作った楽曲を
ヘッドホンで大音量にして聴いた 。
___ 知ってるでしょ  ?
알고 있니 ?
夜の君は僕の上で踊り狂う 。
You dance madly on me at night
まるでダンサーの様に 。
like a dancer
もっと愛し合おうよ 、深くて深くて
더 사랑하자, 깊고 깊고
誰も知らない所まで 。
아무도 모르는 곳까지 ___
ヨンジュン
ヨンジュン
何でヒットしたんだろ  。
どう考えても18禁だろ  。
噂によるとクラブでも流されてるらしい 。
壁越しに好きな奴の喘ぎ声聞くのも
思い付きそうな感じがして良いと思ってしまった 。
テヒョン
テヒョン
まっれ  、くらさっ  、よんじゅにひょんに聞かれちゃぅ .. /
ボムギュ
ボムギュ
は  、俺とセックスしてんのに他の男の名前出すとか  ..
ベッドが揺れる音が大きくなったのと比例して
テヒョナの喘ぎ声も大きくなった 。
あんな風に抱けば良いのか 。
どうせまた今日もテヒョナは俺の部屋に
来るに決まっている 。

俺はどんな風に抱けば良いのかしか
考えられなくて 、全く仕事が出来なかった 。
ヨンジュン
ヨンジュン
俺も抜いてこようかな 。
そりゃ好きな奴がえろい事してたら
俺のソレも大きくなるし 、
これは不可抗力だ 。
ヨンジュン
ヨンジュン
っふ  、はぁ ...
反り勃つそれを軽く扱く  。
ヨンジュン
ヨンジュン
ぅわ  、やば  溜まってる  。
テヒョナのあの狭い所に俺のを  ..
なんて考えただけで達しそうになる 。
ヨンジュン
ヨンジュン
てひょな  、てひょな  、っ  ...
テヒョン
テヒョン
ひょん  、いぐ  、いっ  、~~~ッッ ♡♡♡
ヨンジュン
ヨンジュン
っは  、てひょな  、...  /
俺は1人で虚しく達した  。

プリ小説オーディオドラマ