無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

リスカ②
紫耀『ちょっと待って。
このノート何?』
○○「…なんでもないよ?」
紫耀『じゃあ、これは何?』

【ノートの内容】

今日頑張れば紫耀が会いに来てくれる。

私のリスカの事で迷惑かけたくない。

大丈夫。先輩に何言われても気にしない。

などと、書いてあり、最後には…

紫耀に会いたい。

--------------------------------
紫耀『ごめん、ずっと我慢してきたよね…』
○○「んーん。最初からアイドルの彼女は大変って知ってるから。」
紫耀『それ、脱いで?』
○○「い、嫌だよ。」
紫耀『リスカしてるんでしょ?』
○○「し、してない。」
紫耀『ねぇ○○もう、お願いだから我慢しないで。』
○○「紫耀…うわぁぁん😭」
紫耀『ごめんね?○○。ごめんね。』
○○「ずっと会いたかった。寂しかった😭」
紫耀『○○。俺と一緒に住まない?』
○○「え?( ᵒ̴̶̷̥́ ^ ᵒ̴̶̷̣̥̀ )」
紫耀『うん、そしたら、バイトも辞めてもいいし、先輩の事は話したくなったら話していいから。』
○○「ホントにいいの?」
紫耀『もちろん
ずっと、考えてて、やっと言えた。
毎日おかえり。って言って欲しいし、毎日○○の美味しい料理食べたい。』
○○「うん!!」

その後○○は紫耀と幸せに暮らしましたとさ。

END

主side

見て下さりありがとうございます!!
「リスカ」完結しましたァ!
次の物語もお楽しみにぃ!