無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

リスカ①
○○side

○○「ったぁ…」

○○は今日もリスカをしている。
大学生の○○はバイト先で上手くいかず、
彼氏の紫耀にも相談できずにいた。
彼は今をときめくKing&Princeだから。

○○「私って生きてていいのかな…生きている意味あるのかな。紫耀にとって重荷なのかな。」

○○はリスカしないと生きた心地がしなかった。

──────────────────

紫耀『○○〜会いたかったよぉ』
○○「ふふっ。いらっしゃい。
急に来るからびっくりしちゃった!‪w」
紫耀『会いたくて会いたくてたまらなかったんだもん。って言うか○○。長袖暑くないの!?』
○○「クーラーも効いてるし、日焼け止めしたくないもんね!」
紫耀『そっか!女子には日焼けが敵だもんね!!玄樹が言ってた。』
○○「さすが玄樹君‪w」
紫耀『まぁねぇ』
○○「さっきまで勉強してたんだった。片付けてくるね。」
紫耀『俺のことは気にしないで勉強していいのに』
○○「せっかく来てくれたのに嫌だよォ」

バサッ

紫耀『ん?○○ノート落ちたよ。
○○ってなんの勉強してるんだろ。』

パラパラ

紫耀『え、?』
○○「あっ!ごめん。ありがとう。」


紫耀はどんな対応をするのか!
②をお楽しみにー✧︎