無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

ときめく
「私、最後に〇〇さんに自分の気持ちを伝えることが出来て良かったです。ありがとうございます。」

きちんと聞いてくれた好きな人にお礼の言葉を言った。

好きな人は「いえ……」と、なんと言っていいのか分からないような反応をしていた。
そんな反応でも、愛おしいと感じた。


……




その日は好きな人が私よりも早くバイトをあがる時間だった。

「……もうあがっちゃうんですね。寂しいです」
私がそう言うと、また困ったような反応をしていた。