無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

待ってる
バイト上がりに、家に帰る。

今日は、これまでの人生で体験することが無かったことが起こった。

あんなにピンク色の空気だったことは無かった。
目が悪くなったのかもしれない。
元々視力は低いから、さらに悪くなったのかもしれない、だめだこりゃあ、眼科行こう……と内心苦笑いしながら思った。



LINEで好きな人の好きな所を書いたが、これはなかなかの長文になってしまった。引かれないだろうか。
数分迷ったが、長文のまま送信した。




それから2日が過ぎた。
返信が返ってこない……はあ、気づいてないわけないよね。
なんだろう、この期待させられてるようなこの感じは。
焦らされてるのかな。