無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第15話

うそ
学校からの帰り道は、バスで帰る。
いつもバスから見える、外の景色を見つめている。
夕暮れのオレンジ色の景色が、だんだんと暗く変化していく。
その景色を見つめている。
そんなときに、貴方との思い出が頭の中でまわっている。
ぐるぐる回って、繰り返し回っている。

夜。
ベッドへ入り、部屋は暗い。
眠る前に考え事をする。
学校のこと、レポートのこと、友達のこと、就活のことを考える。
ふと、貴方との思い出を思い出してしまう。
それが、繰り返し脳内再生される。


一緒になりたかったけど、それは叶わなかったから仕方ない。
気持ちは伝えることで満足だったなんて嘘じゃん。なにいい子ぶってんのよ。
告白する前はそうだったかもしれない。
けど、告白したあとはどうすればいい?
この気持ちを止めることは出来ない。
無理よ

貴方に会いたい……