無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

嬉しい、どきどき
LINE交換をしたあの時の距離感の近さに驚いた。

どきどきどき……


好きな人とLINE交換をした後、
告白はしないままで帰路につく。


今日は告白せずに、
そのまま自宅へ帰ってしまったことは
ちょっと心残りだったと今でも思う。
でも、
好きな人とLINEを交換できただけで、天にも舞い上がる気持ちだったから。
その気持ちの方が勝っていたから悔しい気持ちは少ししかなかった。


自宅に着いたあと、
お風呂に入った。




お風呂に入ったあとも

就寝するまえも、

好きな人のLINEを見る。


プロフィール画面を見て、



あー幸せ。

……













……











でも……
やっぱり今日、気持ち伝えたかったなあ〜




うーん、
やっぱり

伝えよう!