無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

待つ時間
好きな人にLINEで告白して、2日が経った今日。


まだ好きな人から返信は返ってこないだけでなく、トーク画面を開くと既読すらついていなかったのです。


私はその日にバイトがあり、
好きな人からLINEの返信が来るかもしれないと期待と、不安を抱きながら、
バイト先へ向かった。