無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

はじめての
好きな人の、好きなところは―

私が話しかけるとき、内容は愚痴であっても、とりあえず耳を傾けてくれる。
ふいに、無表情だったのに笑う目元とか。
私の名前を呼ぶ声とか、
シュッとした高い身長とか、思わず抱きしめたくなる後ろ姿とか、
わざわざ私のもとへ来てくれるところとか、


















なんで来てくれたのかな?
後々考えると、私しか聞ける人がいなかったんじゃないかって思うけど、その時はそれでも嬉しいと感じてしまったんです。
嬉しいと、感じてしまうんです。


今も、ずっと、あなたのことを、あなたとの記憶を思い出しては切なくなるんです。




好きです、


ずっとずっと、







ずっと―







好きです―