無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

📷




恭平side






2人は何話すんやろ、、













西畑『2人で話すのいつぶりや?』














『なにわ男子の皆さんと集まりがあってそれの事前確認の時じゃないかな?笑笑』















西畑『結構前やもんな〜笑』















『ねっ笑』















西畑『あ、てか新ブランド設立と日本開店おめでとさん!!』















『ありがと〜!!』


















何楽しそうに話してるん。









前から仲良いみたいな感じ出しちゃって?











あなたのあの笑顔を目の前で見れたのなんていつや、、










俺だけのものが良かった。













俺のわがままだってわかってる。













俺自身がこの幸せを崩したってわかってる。














でも。ずっと。今でも。大好きなものは好きやねん、、、














西畑『あ、てかさ?なんであのタイミングで海外行ったん?

前からもっと人気やったやん。

これずっと聞きたかんってんな〜』

















これは、、、、俺も聞きたかった。











俺とあなたが別れなくても海外行くんやったならどうせ離れ離れになるやんって。












俺と付き合ってた頃からずっと考えてたんかなって。













別れてからずっとずっと考えてた。


















『あー、それはね。


ちょっと恥ずかしい話なんだけど彼氏に浮気?やらなんかされて〜笑

ずっと海外でないかって話持ちかけられてたんだけど彼氏と離れたくなくて断ってたんだけど別れたなら吹っ切れていこうってなって笑


だからあのタイミングで、、笑』














うそ、やろ?














あんな考えしてた俺がバカみたいや、、













俺と別れたから、、、海外行ったんか。
















西畑『え〜!こんな綺麗な完璧女性を捨てて浮気する人なんておるん!?

そうとう馬鹿なんかな〜笑』
















この大吾くんの言った言葉がものすごい心に刺さった。
















色んなところに出させてもらっててこんなキャラで。こんな性格で







『ばか』 『アホ』 『天然ハンサム』 『ナルシスト』 『ポジティブ』








なんて言われる。












しっかりしたキャラが自分でもててすごく嬉しくてこの言葉が出たら言っていまえば嬉しかった。










ちゃんと自分出せてるなって。















でも今は違う。











俺はほんまの

















































大バカもんや、、、、、、、































⤹ねくすとぅ