無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

📷
  
あなたside




ピピピ





アラームの音が鳴る。







アラームの音を消して私はスマホを手に取る。






目覚ましがわりにメッセージの返信をするのが私の日課だ。








アプリのアイコンをタップすると1番上に書いてあったのは…









見慣れないアイコンと【由美】の文字。








新しい仕事関係の人かな?








なんて思いながらその 由美 という人をタップすると





由美
由美
あなたさんはじめまして!
由美
由美
恭平くんの浮気相手の由美です笑
由美
由美
私あなたさんに見せたい物あるんですよ〜
由美
由美
見たら返信下さい笑



と来ていた。







由美ってあの由美さんか…







わたしになんの用だろう。







てかアイコンこれ恭平だよね。。。








それにステメも…


私たちが別れたからもう恭平は私のものってこと?





あなたのLINE
あなたのLINE
はじめまして。
あなたのLINE
あなたのLINE
見せたいものってなんですかね…?
あなたのLINE
あなたのLINE
てか誰から私の連絡先貰いましたか?




そう送ると返信は直ぐに来た。




由美
由美
連絡先は仕事関係の人ですよ〜
由美
由美
あ。それで見せたいものなんですけど笑



何笑ってんだろう…






そう思ってると




由美
由美
(写真を送信しました)



写真が送られてきた。




あなたのLINE
あなたのLINE
え…これなんですかね?




送られてきた写真は由美さんの自撮り。








でもただの自撮りじゃなくて恭平も写ってた。







その恭平はベットで寝てるけど服を着てなくて腰あたりから布団をかけてて…







由美さんも来てる服はかなり(・・・)はだけていた。





由美
由美
私昨夜恭平くんと寝ました〜♡



え、何この子…




あなたのLINE
あなたのLINE
そうなんだ。


でもなんでわざわざ送ってきたの?
由美
由美
ん〜。いや?笑

どう思うのかなって笑
あなたのLINE
あなたのLINE
どう思うってもう私と恭平は別れたからなんも関係ないよ。



そう送ったけどやっぱまだ少し辛かった。




由美
由美
あ。そうですよね〜笑
由美
由美
じゃあもうカレカノ同士じゃないので邪魔しないでくださいね〜♡



色々衝撃的すぎた。








私は由美さんとの会話を全てスクショ。







そして送られてきて写真は保存してブロックした。








そして次にタップしてのは…












恭平とのトーク画面だった。











↪NEXT