無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

📷



あなたside







深呼吸をしてリビングのドアノブに手をかける。






『ふぅ』







ガチャ






『ただいま〜』






私か帰ってきたとわかった恭平はムクっと立ってハグをしてきた







恭平『今日少し遅かったな?』






『うん。ごめんね?』






恭平『寂しかった…』






浮気相手の人と電話してましたよね?



なんて思いながら恭平の腕を解きカバンを置いた。








由美さんのオムライスが好きなんだよね?









『恭平?今日の夜ご飯オムライスでもいい?』






恭平『お。いいで!』






『最近オムライス食べた?』






恭平『…食べてへんな〜。久しぶりやわ‪w 』






4日前に食べたらしいじゃねぇかよ( ˙-˙ )





『じゃあ作ってくるね!』






恭平『おけ〜!』






オムライスを作りながらソファーでテレビを見てる恭平に話しかける。






『恭平?今日ご飯食べ終わったらゆっくりする前に話したいことがあるんだけどいい?』





恭平『いいでいいで!嬉しい話?』






『私は悲しいかな〜?恭平は嬉しいかもしれない 』






え〜。なんやろ〜‪w


と恭平が考えてる間に夜ご飯ができた。








『『いただきまーす!』』




オムライスを2人で食べ始める。






『恭平。美味しい?』





恭平『めっちゃ美味しい!』





『…そっか!よかった‪w』





そっからたわいのない話をしてご飯が食べ終わった。










↪︎NEXT