無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

📷



恭平side





由美『なんかあったのぉ?』





そう言ってくる由美に俺は





『ゆみと浮気してることバレちゃったねん。』






そう言った。


そうすると由美はすごく笑顔になって





由美『え。じゃあ別れたの!?』





と問いかけてきた、





『おん』




と返事をすると





由美『じゃあゆみと付き合お?♡』





なんて言ってきた、










でも付き合う気なんてなれなくて振った。






すると由美はあからさまに落ち込んで一言







由美『でもこれからもお話しよ?


ご飯いこ?お買い物行こ?


もう彼女さんと別れたから浮気ではないでしょ?♡



あ。あと今日の恭平くん元気なくて心配だよ…



お家おいで?♡』






そう早口気味に言われて俺の意見も聞かず腕を無理に組まれ連れていかれた先は…









由美の家だった。








でも俺はいつも家に帰るとあなたがほとんどいることが当たり前になってて…



きっと家で一人でいたら色んな感情に押しつぶされてしまう。







そう思った俺は由美の家の中へ入っていった。









↪︎NEXT