無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

📷


恭平side






ガチャ






由美『ただいま〜』






由美が帰ってきた。







由美『あなたさんから連絡きた?』







え?なんで?








『え、あぁ。おん…』








由美『そっかそっか!安心!!』







え、なんで安心すんの?







由美『あ。お昼ご飯買ってきたよ?はい!』







そう言って俺の前に出してきたのはスーパーなどに売ってるお弁当。








『え、あ、ありがと。』







由美『いーえ♡食べよ食べよ?♡』








俺は、






疲れてたのかな?





なんて考えて別に気にしないでお弁当を頬張った。







あれから時間もすぎ日が傾いてきた夕方頃。








由美は一向に家事をしようとしない。








手伝うにも何も俺は由美の家のどこに何があるとか分からないからやれなかった。








『なぁ由美? 掃除とかせぇへんの?



ほら。洗濯カゴもいっぱいになっとるし…』








由美『ん?うん!まだ大丈夫だよ〜!』








そう緩くはぐらかされて会話は終わってしまった。



















うわ。今回駄作😧💦







ちょっとこれで終わりにはしたくないから今日もう一本あげます!!笑










↪NEXT