無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

📷



〜私たちの過去〜








デザイナーとして働いてる私は毎日頑張っていた。








毎日毎日色んな洋服を考えたり家庭科とかも好きだったから制作部のサポートも少ししていた。








そんなある日私にある話が来た。








それは










なにわ男子の衣装を作らないか。









ということだった。









なにわ男子のメンバーの長尾さんがプロデュースしてるらしいけど本格的な人も混じえてほかのメンバーの意見も取り入れよう。



ってなって私が採用されたんだって。









モデルさんのファッションショーの衣装や…



たまに坂道グループのようなアイドルの案だしにも参加することがあった。








でも男性グループはなにわ男子さんが初めてだから不安が結構大きかった。








打ち合わせ当日。





緊張きてた私だけどみんな気さくな方で会議を始める前までには話せるようになった。






とりあえず案だしが終わり明日はそれを元にデザインを私と長尾さんを中心に考えていくことになった。














↪︎NEXT