無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

ミスド








side:髙地












『ポン・デ・リング、オールドファッション……』




















どうも髙地です。





初side!!





って祝ってる場合じゃなくて、





ミスドに来てね、?!





俺が奢ることになって、(まぁそれは別にいい)





俺がドーナツを選びに行くって





髙地優吾、召使いになりました。()






















『…はい、持ってきたよ〜』




佐藤「ふふっ笑笑ありがと髙地」




京本「塩が良かった…」




森本「コーヒーうま」




ジェシー「ミスドにきてコーヒーだけかよ笑笑」




田中「ドーナツ甘」




















なんか、これが普通みたいになってるけど





俺、メンバーだよな?




















『自由すぎんだろ笑』




佐藤「それがストの強みじゃね?(もぐもぐ)」




『お前も含めてな、』




佐藤「ははっ、ワラワラ」








































自由すぎるけど、





SixTONESはこれじゃなきゃねー。