無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

ミスド








side:佐藤














『ねぇ〜ミスド行きたい』




松村「デブになんぞ」




『ファッキュ』




田中「はいはい、取材終わってから行こーね」




京本「俺、甘いもん無理」




『なんか、ラーメンもあるらしいから、ね!!行こ!!』




京本「…それなら」



























































































『終わったーー!!!』




髙地「ミスド♪ミスド♪(何気に楽しみ)」




森本「ここらへんにミスドある?」




ジェシー「10キロ先にある」




京本「マジか、じゃ車だな」




田中「誰が運転すんの?」




全員「「………………」」




田中「はー、、みんな免許持ってないの?」




『あのねー、、家に忘れた(棒)』




髙京松森「「それな」」




ジェシー「俺持ってない」




田中「……俺が運転?」




『うん』




田中「わーったよ(分かったよ)」




ジェシー「ありがと樹〜♡」




田中「はいはい、笑」
























てことで樹の運転でミスド行くことになりました!ぱちぱち!!





久しぶりの糖分摂取だからたくさん取る♡





こういうのでおごってくれるのって、





なんだかんだいって髙地。





髙地の財布を破産させます♡♡