プリ小説

第10話

先輩×後輩4
潤目線

俺は、
相葉くんを支えながら、
俺の家に入れた。

俺は、
相葉くんをベッドに寝かす。

雅紀「先輩・・・」

潤「俺だけだから、怖くないよ^^」

相葉くんを抱きしめながら。

雅紀「はい・・・」

俺は、そのままキスをした。

雅紀「・・・ん!///」

絡ましていく

雅紀「んっぁっ///」

相葉くんは
俺にしがみついてる。

俺は、離して
相葉くんの服を脱がしていく。

雅紀「先輩っ・・・」

潤「怖い?」

雅紀「はい・・・」

ニノに犯されたからね・・・
怖いよな・・・

潤「大丈夫だよ^^
俺だけだから^^」

雅紀「はい・・・」

俺は、相葉くんの服を脱がした。
全部。

雅紀「恥ずかしいです///」

潤「消毒しようか^^
俺、相葉くんが好きだから^^」

雅紀「僕も、先輩が好きですっ////」

潤「両想いだね^^」

雅紀「はい///」

俺は、相葉くんの乳首をいじった。

雅紀「んあっ////」

潤「感じた?(笑)」

雅紀「・・・先輩だからです////」

嬉しいな(笑)

俺は、だんだんと
下に下がり、
相葉くんの中に指を入れていく。

雅紀「あっあっ///」

二本目指を入れ、激しく動かす

雅紀「ひゃっああっん////」

相葉くんがイきそうなので
指を抜いた。

雅紀「あっ///」

潤「イきたかった?」

雅紀「はい///」

潤「俺と、一緒にイこうか?」

雅紀「先輩とイきたいです///」

上目遣いでうるうるで言われたら
ヤバいでしょう(笑)

俺は、全部脱いだ。

.

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

櫻葉∞kisjump♪*
櫻葉∞kisjump♪*
嵐大好きです。 櫻葉コンビ大好きですが、嵐みんな大好きです。  嵐大好きな方はフォローなどしてやって下さい♪ あたしとお話したくて、 トーク作りたいと思う方は コメントしてください♪ 関ジャニ∞とキスマイとHey!Say!JUMPも好きです♪ キスマイとJUMPは最近はまりました! ジャニーズファンは 絡んで下さい! 同盟! ↓↓↓ 櫻葉❤💚→❤櫻井みゆ❤さん 櫻井翔❤→櫻井魂❤さん 櫻葉❤💚→❤みゆさん💚 ニノ💛→ひなさん💛 いのあり💙🍹→💙ひなさん🍹 櫻井翔❤→❤Ayaneさん❤ 櫻葉❤💚←❤AIMIさん💚