プリ小説

第11話

先輩×後輩5
潤目線


潤「相葉くん
入れるよ?」

雅紀「はい!」

相葉くんは
M字開脚をした。

俺は、
相葉くんの中に
自身を入れていく。

雅紀「あっん・・・」

潤「痛いか?」

雅紀「痛いです・・・」

キツいね・・・

俺は、
キスをしながら
乳首をいじる

雅紀「んふぁっ・・・///」

俺は、
一気に入れた。

雅紀「あっあっ///」

相葉くんは
ビクッとなる。

潤「入ったよ^^」

雅紀「先輩とひとつですね///」

潤「そうだな^^
動くよ?」

雅紀「はい///」

相葉くん可愛い。

俺は、動く。

雅紀「あっあっ///」

相葉くんの気持ちいい所を
探りながら、
突いていく。

雅紀「あっひゃっん////」

潤「気持ちいい?」

雅紀「気持ちいいです////」

俺は、
激しく突いていく

雅紀「ひゃっんあっああん////」

相葉くんは
俺にしがみつく。

俺は、支えながら
激しく突いていく

雅紀「ひゃっんあっああん///
せんぱ、イきたいですっ////」

潤「俺と一緒にイこうな^^」

雅紀「はい////」

俺は、
相葉くんがイくように
激しくした。

雅紀「ひゃっんあああっあんあ!!/////」

俺も、イき
相葉くんもイく。

雅紀「んあっ////
はあはあ////」

潤「相葉くん、処理するよ?」

雅紀「はい///」

俺は、
掻き出す。

雅紀「あっあっ///」

潤「終わりだよ。」

雅紀「はい。」

相葉くんは
俺に抱きついた。

潤「どうした?」

雅紀「抱きつきたかっただけです///」

潤「ふふ^^
相葉くん
タメでいいよ^^
恋人同士なんだから^^」

雅紀「あ、うん////
先輩!」

潤「潤って呼んで?
雅紀?」

雅紀「あっ////
潤・・・////」

可愛い。

可愛い雅紀を
取るなよ!

END

.

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

櫻葉∞kisjump♪*
櫻葉∞kisjump♪*
嵐大好きです。 櫻葉コンビ大好きですが、嵐みんな大好きです。  嵐大好きな方はフォローなどしてやって下さい♪ あたしとお話したくて、 トーク作りたいと思う方は コメントしてください♪ 関ジャニ∞とキスマイとHey!Say!JUMPも好きです♪ キスマイとJUMPは最近はまりました! ジャニーズファンは 絡んで下さい! 同盟! ↓↓↓ 櫻葉❤💚→❤櫻井みゆ❤さん 櫻井翔❤→櫻井魂❤さん 櫻葉❤💚→❤みゆさん💚 ニノ💛→ひなさん💛 いのあり💙🍹→💙ひなさん🍹 櫻井翔❤→❤Ayaneさん❤ 櫻葉❤💚←❤AIMIさん💚