無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

リアル×リアル2
ニノ目線


相葉さん
嫉妬したとか
可愛いじゃないですか(笑)

今夜は
寝かせませんよ(笑)

覚悟してくださいね(笑)

大野さんと
確かに話してましたが
相葉さんが
どんな反応するか
見たかっただけです。

ごめんなさい。
相葉さん。

相葉さんを家にあげて
俺の部屋に入れる。

雅紀「ニノの部屋、久しぶり!
相変わらず、ゲームばかりだね(笑)」

ニノ「ゲーム大好きなんで^^」

雅紀「知ってるー・・・・・・」

ニノ「あれ?
今度は、ゲームに嫉妬ですか?(笑)」

雅紀「・・・そんなんじゃ、ないもん////」

可愛すぎでしょ(笑)

ニノ「はい。
お茶、飲む?」

雅紀「ありがとう!」

まあ、媚薬入りですけどね(笑)

雅紀「・・・あっ・・・はぁ・・・//」

ニノ「どうしました?
相葉さん?」

俺は、
服の上から
相葉さんの乳首をなぞる。

雅紀「んぁっ////
あつい・・・///」

ニノ「さあ、相葉さん
やりましょうか(笑)」

雅紀「・・・うん////」

止まらないかもなので
覚悟してくださいね。

相葉さん。

.