無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第170話

162
10,429
2021/08/23 14:56
ギリギリセーフ..........













何とかあの場からいち早く帰還することが出来た










絶対に誰にもバレてはいけないことがある...










これを最後まで突き通さないと"明るい未来"は待っていない










雨で濡れてしまった身体を隅から隅まで拭きあげ髪の毛を猛スピードで乾かした










もう時期あの2人がタケミっちを連れて帰ってくるだろう














あなた

何とか間に合ったかな......




ガチャッ






乾
ただいまー
タケミっち
タケミっち
お邪魔しまーす、、
あなた

あっ!おかえり!

あなた

って、、、びちょびちょじゃん!

あなた

はい!タオル!!

乾
おう
タケミっち
タケミっち
ありがとうございます




2人はソファーに腰掛けると今日の話をし始めた




乾
そういやぁ今日あなたいなかったけど
乾
何かあったのか?
あなた

んー、、ちょっとね

あなた

スーパーにマヨネーズ買いに行ってた!

乾
フッそっか
あなた

私ちょっと電話してくるね

乾
乾
下に梵きてるけど顔出さなくていいのか
あなた

うーん

あなた

後で少し顔だそうかな

乾
分かった





そして私は部屋をでて下の物置部屋に行きある人物に電話をかけた