無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第175話

166
6,627
2021/11/11 11:36
集会が終わりみんなが退散する頃私は千の方へと歩いていった
あなた

お疲れ様

瓦木千咒
瓦木千咒
あなた!
あなた

いよいよだね、、三天戦争

瓦木千咒
瓦木千咒
あぁ、六波羅も関東卍會もぶっ飛ばして最強になってやる!
あなた

フフッそうだね

あなた

それと千

あなた

後で話があるからちょっといい?

瓦木千咒
瓦木千咒
??いいけど、、



そういうと私は千を連れ集会場の端の周りの女視覚となる場所へ行った








あなた

千、近々君は命を狙われる可能性がある

あなた

それは同じくしてタケミっちにも

瓦木千咒
瓦木千咒
なんでだ
あなた

それは....

あなた

分からない.......

あなた

だけど嫌な予感がするの...

あなた

だから無闇に外に出たり極力1人で行動しないように





私は俯いて心配しながら言うと









千は私の方に駆け寄ってぎゅっと私を抱きしめた






瓦木千咒
瓦木千咒
あなた大丈夫だよ
瓦木千咒
瓦木千咒
梵のボスは死なない!
瓦木千咒
瓦木千咒
タケミチも守ってみせる!
瓦木千咒
瓦木千咒
だからそんな心配することないよ
あなた

そう.......





千は明るく笑って返事をしたけど









なんだかそれが信用なくて逆にもっと心配になってしまった








あなた

それともうひとつ_________






.







瓦木千咒
瓦木千咒
!!!!!
瓦木千咒
瓦木千咒
ちょッッッ!あなた!





私は納得のいっていない千を置いてその場を去った








__________________




バイク屋に戻ると修理に出していた愛車のバンジーが綺麗に治っていた











あなた

あぁーーー!!!治ってる!!!!!

ドラケン
ドラケン
おう!バッチリ治しといたぜニヒッ
あなた

ありがどぉぉぉぉおお!!!

あなた

せっかく修理してもらったことだし

あなた

ちょっと走ってくる!

ドラケン
ドラケン
おぉ気ぃつけろよー
あなた

はーい!



ブーーーーーンブーーーーーンブーーーーーンブーーーーーンブーーーーーン




















年期が入っていた部分を治してもらいに修理に出してから1週間ぶりにバンジーに乗って走った











気持ちがいい風を全身でうけていると











右ポケットからバイブ音の振動が肌を伝ってきた















ブーーーーーーブーーーーーーブーーーーーー