無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

花が落ちたので、(歌詞)
作者
作者
まず歌詞( *σ。∀ ゚)ノ□ペタッ
                               花が落ちたので、
作詞 一二三

作曲 一二三

唄 初音ミク
柔らかな手 通る白肌

振れる声と 鮮やかな表情

恋する僕の 淡い影色

君の見せる 光の投影
全部見えちゃいないんだろう

盲目的に君を想うよ

君の過去に連なる恋人

僕の胸を締め付けてるんだ
ずっと ずっと そんな気持ちがさ

僕の 僕の

頭の隅っこで
ぎゅっと ぎゅっと しがみついているから

不意に涙が伝う
いっそ 消してしまいたいな

君が恋してた形跡も

誰かと深く絡みあって

染み込んだその痕跡も
見ないフリしたって

過ぎるその光景ばっかりに

僕の知らない君の笑顔があった
君の過去に手を伸ばす僕を

はしたないと

窘めてるのは
「諦め」とか

「妥協」で出来た

やけに大人ぶる

未来の僕
何度 何度 祈ってみてもさ

きっと きっと 時は戻らないし
いっそ いっそ 死んでしまえたら

こんな醜い

今の心なんて
消してしまえたんだ

君が愚図ってた原因も

過去の恋人を

深く恨み始め

溶け込んだその羨望も
変わるフリしたって

過ぎるその感情ばっかりに

僕がよく知る

本音がそこにあった
君の心に開いたあな

かつては誰かが

住んでたんだって
あゝ

そんな気持ちも

反芻していれば

慣れるのかなぁ
いつか後悔すんだって

君に恋した瞬間を

二人で長く見つめあって

知ってしまった 痕跡を
なんて
なんで知ってしまったんだ

君が恋してた形跡も

誰かと深く絡みあって

染み込んだその痕跡も
許すことが僕に

出来たなら この感情だって

大人になれるような

気がしたんだ
それは正しいのかな

それは正しいのだろう

それは正しいのかな

それは正しいのかな
✄------キリトリ------✄
作者
作者
(。´-д-)疲れた。。
莉犬くん
莉犬くん
作者にしては頑張ったんじゃない?
作者
作者
ありがとう(´;ω;`)
作者
作者
ちなみに今
深夜の3時っす
ころんくん
ころんくん
やっぱ作者はバカだった
さとみくん
さとみくん
てか何時に始めたの?
作者
作者
午前2時☆
るぅとくん
るぅとくん
よくそんな時間に起きれましたね
作者
作者
いや起きたんじゃない...
作者
作者
寝てないのです!!!
なーくん
なーくん
はぁ…(¬=¬)…
なーくん
なーくん
寝ろ
作者
作者
はひっ!!
ジェルくん
ジェルくん
噛んだ
作者
作者
いやぁー‪w組ちょ((じゃなくてなーくんがね‪w‪w
作者
作者
やっぱ眠いわ
作者
作者
おつりん(。 ・`ω・´) キラン☆
すとぷり
おつぷり

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

りんか
りんか
バリバリの腐女子です! るぅりーぬ寄りの箱推しです( `・ω・´)ノ ヨロシクー 🐢更新かもです...
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る