無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

5
母が亡くなったことを私が知ったのは午後9時を過ぎたくらいの時間だったと思う。祖母の家に父が迎えにきたときから何かあったのだということはわかった。連れていかれた場所が病院だったこともおかしいと思った理由だった。そして病院の一室で母が横になっているのを見て、祖母が隣で泣き出したのを見て、全てを悟った。
(ママはもういないんだ…。)