無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

13
水瀬 怜 ミナセレイ
やっぱり…。
私が向かったのは母の車が衝突したという桜の木。写真と照らし合せてもやっぱり同じ桜だった。
水瀬 怜 ミナセレイ
なんでここで写真撮ったんだっけ?
???
怜…?
急に名前を呼ばれ振り返る。そこにいたのはー
水瀬 怜 ミナセレイ
琴葉。
私の親友がそこにいた。
水瀬 怜 ミナセレイ
何でここに…
理由を尋ねようとして気付いた。琴葉が泣いている。