無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

8
水瀬 怜 ミナセレイ
…私のお母さんってさ、本当に事故で死んだんだと思う?
ずっと疑問に思っていた。母が事故に遭った日、父も事故が起こった場所を通ったそうだ。しかし雪はほとんど残っておらず、父もおかしいと感じていたらしい。警察が事故だと断定したあとに聞いた話だったため何も言わなかったが、私はずっと死因について疑っていた。
天沢 琴葉 アマサワコトハ
なんで急に…
水瀬 怜 ミナセレイ
だって雪がないのにスリップなんてしようがないでしょ?
天沢 琴葉 アマサワコトハ
お母さんの事故を受け止められないのは分かるけどいつまでも過去に囚われてたら先に進めないよ。
その言い方に少し苛立った。
水瀬 怜 ミナセレイ
なんでそういう言い方になるの?…琴葉にはわかんないよ!お母さんのいない苦しみなんて!





その日、琴葉とは1日中口をきかなかった。