無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

14
天沢 琴葉 アマサワコトハ
…ごめん…ごめん…ごめんなさい…
顔を合わせてからずっと泣き続ける琴葉に私は何を言えばいいのか分からなかった。何に対して謝っているのかさえ私には分からないことだった。
水瀬 怜 ミナセレイ
そろそろ何があったのか話してくれない?
私は理由から聞くことにする。
天沢 琴葉 アマサワコトハ
……ずっと…謝るつもりだった。
水瀬 怜 ミナセレイ
何を?
天沢 琴葉 アマサワコトハ
…怜のお母さんが死んだのは私のせいなんだ。