無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

206
2021/08/17

第3話

two
あなた「今日はこっちに来て1日目だ〜!」
あなた「という事は!!!今日がストーカーの始まりだ!!!!!」
あなた「六本木行ったら…会えるかなぁ?」
あなた「お礼の為になんか菓子折でも持って行こうかなッッッ」
あなた「んじゃあれっごー!!」
マム「うちの子、、、レッツゴーの言い方独特過ぎん???」


六本木ッッッ☆
あなた「んーっと?」
あなた「何処だろ??」






??「ねぇ!!蘭くん!!!」
あなた「はぁ?」
蘭「うるせぇな…お前はただのセ○レだろ?」
モブ女「違うもん!!!私は本命のはずだもん!!!」
蘭「蘭ちゃんさぁ?…うるせぇの嫌いなんだけど後、勘違い女も嫌い♡」
モブ女「ッ…もうしらない!!!」
蘭「好きにしろよ〜」
あなた「おぅ…セ⚪レかぁ…なりたいなぁ…でも、本命って勘違いしそう……蘭ちゃんとs⚫x出来たらほんと嬉しい…あっ、御礼持っていこ!」
あなた「あのっ!すいません!!」
蘭「あ?」
あなた「すっ、すいません…」
蘭「あれ?昨日の子じゃん!」
あなた「は、はい!御礼渡したくって…探してて…」
蘭「そっかぁ♡ありがとね、竜胆…弟と食べるなっ」
あなた「はい!命の恩人なので!後、その御名前聞いていいですか?灰谷なのは知ってるんですけど…(知ってるけどね…?)」
蘭「ん〜、灰谷蘭だよぉ?」
あなた「ありがとうございます!弟君は竜胆くんですか?」
蘭「そうだよ〜…てか、お姉さんは?」
あなた「えっ…あ」
あなた「その…」
あなた「は…原崎…あなたです!!」
蘭「そっかぁ、あなたちゃんね覚えた」
あなた「へァ!?(認知された!?認知された!?うっっっそん死ねる死ねるよ?)」
蘭「じゃぁ、また会えたらいいねぇ」
あなた「はっ、はい!」


























は?無理なんだけど……

ふざけんな??????

可愛すぎかよ蘭ちゃん!!

てか、蘭ちゃん身長たっっっか

公式ではまだ明かされてないから身長

誕生日も生まれた年は明かされて癖に…

年齢は明かされてないんだから!!!!
てか、セ⚪レってどうやったらなれるんだろうな…
あなた「蘭ちゃんのセ⚪レなりてぇぇぇ…」
あなた「てか、蘭ちゃんにあなたちゃんって呼ばれた?…スゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ……ャッバイ」
あなた「しかも認知?へァ?死ねるんだけどぉ…!?!?!?!?!?!?」