プリ小説

第38話

ごめんなさい!
最も恐れていたこと…















ネタ切れが来ました
どぅーしよ
最近初めて一瞬でネタ切れという…
すみませんッ!!!
あと、部活と勉強の両立で精一杯になりつつあるってところです
フハッやべーwww
いや笑えな
小説はネタが出たらまた書きます
だから毎日出せないかもしれないです!!



本当にごめんなさい
お詫びにゲロ短ぇ小説↓↓↓
――――――――――――――――――――
テオくんside
今日はいつめんと飲み会だった!
もー楽しくて楽しくていつの間にか朝になっちゃった…
じんたん待たせちゃってるんだよなぁー
ま、謝ればいっか!
テオくん
テオくん
じんたーん?ゴメンねー、遅れちゃって…
二次会長引いちゃっt…
え…ゲロ可愛い…
なになになになに!?
じんたん、俺の代わりにCA抱いてソファで寝ちゃってんだけど!?
じんたん
じんたん
…ん…テオく…
寝言で俺の名前言っちゃって!!
俺のこと大好きじゃん笑
テオくん
テオくん
あ、てかこのままじゃじんたん風邪ひく!
そして、毛布をかけてあげ、静かにじんたんの額にキスをした
――――――――――――――――――――
っていう笑


あ、いいこと思いついた!
めちゃめちゃ短い小説書けばいいんだ!
よし!そうしよう!



てことでこれからもあさめを、よろしくお願いします!!(これから定期テスト3週間前に入ります!忙しいなぁ…それに高体連も…死)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あさめ
あさめ
こんにちは。友達が私の知らない人に向かって「文系のくせに日本語しゃべれねぇのはマジでクソだわ爆笑」って言ってるのを見て関係ないのに一人で傷ついてる系女子です。死にてえ…あ、よろしくお願いします