プリ小説

第13話

やってやんよ
テオくんside
やっほ!俺テオ!
俺は絶賛片思い中!え?相手?相手はー…
じんたん!
もうね!可愛くて可愛くてしょうがないの!

じんたん
じんたん
テオくーん?後でさ、動画の溜め録りしちゃいたいんだけど今日空いてる?
うわっ見ました!?←見えない
いまね!萌え袖で口元隠しながら首をかしげて「空いてる?」って聞いてきたよ!
可愛すぎるだろ!!!
じんたん
じんたん
テオくん?聞いてる?ねぇねぇ
テオくん
テオくん
んあっ!?聞いてるよ!
あー、今日ちょっと出かけるけど…2時までには帰ってくるよ!だから溜め録りしよっか笑
じんたん
じんたん
ん、よかった(o^▽^o)
めちゃんこ可愛いな!ぐーかわ!
おっと!そんなことしてるうちに時間が来てしまった!
テオくん
テオくん
ごめん!じんたん!ちょっと出かけてくるわ!
じんたん
じんたん
え?あ、うん…最近出かけること多くない?何しに行ってるの?
テオくん
テオくん
あー…ちょっと久々に会った友達がすぐ帰っちゃうもんだから今のうちに遊んじゃいたいなって感じで!ごめん!時間やばいからいくね!
じんたん
じんたん
あ、そうなんだ!
楽しんでね〜ヾ(*´罒`*)
久々の友達と遊ぶなんて嘘。
本当は…明日夜桜を見に連れてってあげてそこでじんたんにプロポーズするため!だけど1人じゃ厳しいから、かすちゃんの協力を得て計画を一緒に立てている
じんたん……OKしてくれるかな…
テオくん
テオくん
そもそも男同士だし…俺なんかに興味なんてないか
バシン!
と物凄い勢いで誰が背中を叩いてきた
テオくん
テオくん
イッタ!
かすちゃん
何?やるんでしょ?
テオくん
テオくん
いてーよ!…うん、やるよ…だけど不安じゃん!

だからさ…
かすちゃん
え?いや、してもらわないとこっちも困るんだけど笑
テオくん
テオくん
いや分かってるよ!だけどさー…
かすちゃん
どう思ってんの?
テオくん
テオくん
好きだよ!大好きだよ!
かすちゃん
でしょ?だったらその思い伝えちゃわないと…もったいないよ?
テオくん
テオくん
…うん、そうだな!こんなふうに悩んでんのも俺らしくないよな!
かすちゃん
そうそう!でさ!夜桜の下で告白するなら…
かすちゃん…あんたすげーよ!俺1ミリだけ尊敬したわ!こんなに他人の恋愛に協力してくれるなんて…!!!それに男同士の恋愛なのに…あざす!
かすちゃん
…てな感じ!
って完全に自分の世界に入ってて聞いてなさそうだから後でLINE送るわ(苦笑)
私そろそろ別のとこ行かなきゃいけないから!じゃあね!明日頑張ってよ??
テオくん
テオくん
あ!おう!ありがとな!じゃあな!
明日…どうなるかは分からないけど…



じんたんを、必ず俺のものにする!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あさめ
あさめ
こんにちは。友達が私の知らない人に向かって「文系のくせに日本語しゃべれねぇのはマジでクソだわ爆笑」って言ってるのを見て関係ないのに一人で傷ついてる系女子です。死にてえ…あ、よろしくお願いします