無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

小話Ⅰ
今日は外で仕事があり、ただいまマネージャーの車で帰宅中
テオくん
テオくん
今日は結構疲れたけど楽しかったなぁー!!
みずきさん
そうだね、相当歩いたもんね!
テオくん
テオくん
あ、でも俺あそこの店知らなかったんですよ!だから結構楽しかったです
みずきさん
え!?知らなかったの?
へぇ〜案外知ってるもんだと思ってたわ笑
テオくん
テオくん
え?そんなに有名なんですか?笑
なんてくだらない話をしていた
そう言えばさっきからじんたんが全然喋らない
テオくん
テオくん
じんたーん?どうした?疲れちゃった?
じんたん
じんたん
んー?大丈夫〜
ゆるーいかんじで返事が返ってきた
すると…
じんたん
じんたん
テオくーん、手ぇ握ってぇ…
いやいやいやいやいやいやいやいや!!!可愛すぎん!?え!?どうしたの!?じんたん!
テオくん
テオくん
ど、ど、どうした?じんたん?甘えたさんなの?
じんたん
じんたん
…んー?早くぅ
テオくん
テオくん
う、うん
ギュッと握ってやると次は…
コテンッ
…え??藤枝さん、あんた、めためた可愛いことしてますよ。殺す気か?殺す気なのか?
テオくん
テオくん
じんたん…なんだい?何をしているんだい?
じんたん
じんたん
寝たいのー
だけどね、今日全然テオくんと手繋いだりハグしたりできなかったでしょ?だから今帰るまでの時間だけでも甘えてもいいかなーって思って
いぃぃいいよぉおおおおおお!
ぜぇんぜんいいよ!
むしろwelcomeだよ!え?クソかわよっ
テオくん
テオくん
そっか…笑
みずきさん、じんたんの家スルーして俺ん家だけで大丈夫です
みずきさん
ふふふ笑
分かったよー
じんたん
じんたん
…やばい。寝そう…(グシグシ
でもまだ寝なーい(ニコッ
んんっ/////手で目をグシグシ擦ってこっち向いてニコって!!ニコって!!←やかましい
やばいやばいやばい!待って可愛い可愛いよ!大丈夫かな、襲わずにいられるかな!?!?
みずきさん
着いたよー!気をつけてねー
テオくん
テオくん
っへ!?あ!ありがとうございました!ほらっいくよ!
じんたん
じんたん
…んーん、テオくんおんぶ
聞こえましたか、皆さん。今俺の心臓が「ドン!ヒュルルルルルドォォオオオン!」って!なりましたよね!ね?←うるさい
もうこれ、おんぶしないわけにはいかないでしょう!
テオくん
テオくん
…///もう!じんたんったら

ん、おいで、ほら
じんたん
じんたん
んー、テオくんありがと

みずきさんありがとうございましたー
みずきさん
はいはーい!お幸せにねー
みずきさんと別れて、家に到着。
そしてじんたんを布団に寝かせ、その場を去ろうとすると…
グッ
テオくん
テオくん
うわっ!…じんたん?
じんたん
じんたん
どこに行っちゃうの?一緒に寝ないの?
と、泣きそうな顔で言ってきた
はぁ…
テオくん
テオくん
じんたん、今からすること、ぜーんぶじんたんのせいだからね
夜はまだこれからのようだ
――――――――――――――――――――
私あさめ、R18とかね、書けないわけですよ。だから誰かが書いてくれたものを貼り付けちまえばいいんでねぇかと思って

ん?待てよそんなものを書いてくれる友達がそもそもいねぇじゃねぇか!
ぼっち最高!ハハッハハッハハッハハッハハッハハッノ ヽノ ヽッノ ヽ/ \ッ/ \/ \ッ
はぁ…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あさめ
あさめ
こんにちは。友達が私の知らない人に向かって「文系のくせに日本語しゃべれねぇのはマジでクソだわ爆笑」って言ってるのを見て関係ないのに一人で傷ついてる系女子です。死にてえ…あ、よろしくお願いします
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る