無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第63話

極短9
最近テオくんが構ってくれない

俺と一緒にいてもすぐどっかいっちゃうし…

何したらテオくんは構ってくれるかな

なにか怪我する?
いやそれは絶対に怒られる、それに迷惑だってかけちゃう

無視する?
無理無理!可愛そうだよ…

いっそ別れる?
あ、ダメだ。俺のメンタルももたない

あーどうしよう!なにかいい手がないかな…
そんなことを悶々と考えていると
みずきさん
じんくーん!そろそろ会議あるから会議室来てねー?
ヤバい!忘れてた!
じんたん
じんたん
了解でーす!ありがとうございます!
まだ時間あるけど…早めに行くか
――――――――――――――――――――会議室
((ガチャ
開けて中に入ると結構早く来たはずだが既にテオくんと他の人たちがもう来ていた
テオくん
テオくん
それでさ、それでさ!あいつ、なんて言ったと思う?
フレント
なになに?www
テオくん
テオくん
『うん』ってwww
かすちゃん
それだけ?www
テオくん
テオくん
そうwww
よしりん
マジで面白いwww
ねおちゃん
ヤバすぎwww
ほらね

最近あんなんだからほんとに嫌になる

嫉妬とかストレスとかもう色々混ざってイライラしてくる

だけどそんなことを俺が言えるはずもなく、ただ黙って見てる事しか出来ない

それがまたストレスの元になる
あぁ…こんなんばっか
もういっそ別れちゃえば楽になるのかな
事務所の人
はい、ではこれから会議を始めます

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あさめ
あさめ
こんにちは。友達が私の知らない人に向かって「文系のくせに日本語しゃべれねぇのはマジでクソだわ爆笑」って言ってるのを見て関係ないのに一人で傷ついてる系女子です。死にてえ…あ、よろしくお願いします
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る