プリ小説

第74話

極短18【2】
ある日君は言った
テオくん
テオくん
完璧な男に惹かれれやしないよwww
あぁなんで?
今君に惚れてるのに何でそういうことを言うの?
本当に悔しい
自分のせいだけど別々に暮らしていくことになって当然同居してた時より二人の時間が少なくなった
話したいことは腐るほどあるのに時間はない
寂しい
結局のところ君はどうしたい?
俺に愛される気あるの?
きっとテオくんはそんなこと思ってないんだろうけどって思うたび、雫が落ちる
とりあえず今日は
部屋の電気を早めに消してどうでもいいような夢を見よう
理想をいうなら明日2人で過ごしたい
だけどそんなこと考えてても叶わないし、俺の扉が開く訳でもない
俺の恋は愛がなんだとか言えないけど、切ないなんて言ったらキリがないような最悪な恋
何したら振り向いてくれるかな?
ろうそく炊いて、バカでかいケーキを作る?


そんなんで食いつくはずもないのに、そんな情けなくてずるいことばかり考えてしまう
俺の今の少し汚れた格好のまま愛を伝えたって何かが変わるわけでもないのにそんなことばかり考えて待って、ソファに沈んでいく
ねぇテオくん?









今日は日が落ちる前に会える?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あさめ
あさめ
こんにちは。友達が私の知らない人に向かって「文系のくせに日本語しゃべれねぇのはマジでクソだわ爆笑」って言ってるのを見て関係ないのに一人で傷ついてる系女子です。死にてえ…あ、よろしくお願いします