無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

最悪の再開
テオくんが休んで五日目、とうとうテオくんが復帰し事務所にやってきた
テオくん
テオくん
こんちゃー!いやー!まじ長らく休んでスィスェん!
VAZメンバー
VAZメンバー
おお!テオくん!久しぶり!大丈夫だった??
テオくん
テオくん
おん!もう大丈夫!元気よー
みずきさん
テオくんもう無理しないようにね笑
テオくん
テオくん
了解っす
迷惑かけてすいません(^ω^;);););)
みずきさん
いいのいいの笑
みんながテオくんを囲んで話している
そんななか、じんたんは
じんたん
じんたん
ケホッケホッ(とにかく謝らないと…!!)
じんたん
じんたん
…ッテオくん!あの…
テオくん
テオくん
チラッ
いやー、それでさー!○△□…
明らかに気づいたはずだが、もしかしたらあまり聞こえてなかったのかもしれないと思い、テオくんがすれ違う際にもう一度
じんたん
じんたん
テオくん!あのさ!
テオくん
テオくん
………スッ
じんたん
じんたん
(…え?え、無視?嘘でしょ?)
無視されたことが受け入れられず、じんたんは佇んでいた
じんたんがテオくんに無視されているところを、みずきさんは見逃さなかった
みずきさん
…じんくん、あの…大丈夫だよ、きっとテオくんは…
じんたん
じんたん
大丈夫です…ちょっとトイレに行ってきます
苦しそうな咳をしながら、小走りでトイレに駆け込んでいってしまった
みずきさん
…じんくん…
――――――――――――――――――――
いやなにが「じんくん」やねん

あ、聞いて聞いて、この間自己紹介カード的なやつを書けって担任の先生に言われたから書いてたの。そこで将来の夢を書けって書いてあるから「能力者」って書いたら「ある意味なってるよ」って返事が返ってきたさ。……人をブスにさせる能力ってことかなそれともバカにさせる能力かな

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あさめ
あさめ
こんにちは。友達が私の知らない人に向かって「文系のくせに日本語しゃべれねぇのはマジでクソだわ爆笑」って言ってるのを見て関係ないのに一人で傷ついてる系女子です。死にてえ…あ、よろしくお願いします
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る