プリ小説

第28話

小話14
頑張りました
何をって?



初のR18だよ!自信が無いよ!もう!あれよくやるね!凄いよ皆さん!もうね!讃えます!
あ、R18が嫌な人と私のことが嫌いな人は1620°回転してください(4周半)


それでは

やっていきやっしょう!
⚠️R18⚠️R18⚠️R18⚠️R18⚠️R18⚠️R18⚠️R18
テオくんside
今日は俺たちの事務所の人たちとディズニーランドへ行く日!
俺大人数好きだからさ、すっげぇ楽しみ!!
しかもこの企画、あの少人数派のじんたんが企画したの!
その時ね?
じんたん
じんたん
テオくんが喜んでるとこ見たくて…///
だって!可愛すぎだろもー!
.☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:..
じんたん
じんたん
テオくん、テオくん!
テオくん
テオくん
ん?どした?
じんたん
じんたん
すっごくにやけてて気持ち悪かった!www
テオくん
テオくん
えぇ!?まじ!?
てか気持ち悪いってwww
じんたん
じんたん
相当楽しみみたいだね!
俺少人数派だし、テオくんに迷惑かけてたからそんなふうに喜んでて嬉しいよwww
テオくん
テオくん
迷惑なんて思ってないのに…笑
だけどじんたんが俺のためにって言うのが嬉しい!
じんたん
じんたん
へへへ/////
やめてよ、照れちゃうじゃん(*/-\*)
ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛可愛い!本当に可愛い!
女子か!?女子なのか!?
まぁ一応彼“女”だけども!
すると向こうから俺たちを呼ぶ声が聞こえた
VAZメンバー
VAZメンバー
おーい!!
よしりん
ちょっとちょっと〜遅いんじゃないの〜?ラブラブしながら来ちゃってぇ
ねおちゃん
ほんとよ!てか早く行こうよ!
こなん
待ち合わせはちゃんと守ってね?www
スカイピース
スカイピース
スィスェん( ̄▽ ̄;)
――――――――――――――――――――
こなん
え!あそこ行きたい!ね!行こうよ!
かすちゃん
待って!私も行きたかったの!いこいこ!
あ!ゆん!一緒に行くよ!
ゆん
あ、うん!
みんなは来ないの?
よしりん
え、じゃあ…あたしも行こうかしら?
フレント
俺はいいかなー…
テオくん、俺たちあっち行くぞ
テオくん
テオくん
おう!
まりも
え、待って俺を置いてかないで💦
待ってよ!テオくんたちー!
じんたん
じんたん
あ、えっ、と
よしりん
じんたんはこっちで一緒にまわろ?
じんたん
じんたん
あ、うん!
え…じんたんそっち行っちゃうの!?
嘘だろ、おい
まさかよしりんが誘うなんて…
俺的な想像では
じんたん置いてかれる
↓↓↓
1人で不安なじんたんを俺が呼ぶ
↓↓↓
笑顔でこっちに来る
↓↓↓
Yes‼︎ハッピーエンド!
っていう計画が……まぁ、大丈夫か!
――――――――――夜――――――――――
テオくん
テオくん
いやーまじ楽しかった!
てかまりも!お前まじで大丈夫だった?www
落ちそうだったけどwww
まりも
いや、あれまじやばいよ!
フレント
真似してあげよっか?www
『うわ!ギャン!ギャァァアアア!!!
たずげでぇぇええええ!』
テオくん
テオくん
ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ
お腹いてぇwww
まりも
いや真似すんなよ!www
てかそんなじゃねぇし!www
そんな感じで俺たちは俺たちで回って、楽しい時間を過ごした
すると向こうからじんたん達が来た
ねおちゃん
ほんとに楽しかった!てかあそこでさ〇△□✕%※www
ゆん
ほんとそれ!あれ面白かったなぁ
こなん
てか、じんたんまじ可愛すぎ!www
女の子みたいだったよ??www
よしりん
ほんとほんと!可愛かったぁ!
じんたん
じんたん
…///ちょっと、もー!俺一応男なんだけど!
ねおちゃん
一応、でしょ?
こなん
うん、一応、ね?www
じんたん
じんたん
(>_<)もー!
じんたんがねおちゃんたちに囲まれてる
その中で顔を赤くしながら楽しそうに笑ってるじんたん

なんでだろう
楽しそうなじんたんのことは好きなのに
今のじんたんは好きじゃない
じんたん
じんたん
あ!テオくん!どうだった?楽しかった??
テオくん
テオくん
…おう、まぁな
じんたん
じんたん
っえ、テオ…くん?
フレント
おいおい、んだよー!らしくねぇじゃねぇか、テオくん照れちゃったりしてぇ!
よしりん
やだぁ!テオくん可愛いー!
ねおちゃん
まぁー、私らがこんなとこでお二人のだーいじなラブラブタイムを邪魔しちゃあれだしー?
じんたん
じんたん
え、あのっ
まりも
それもそうだねー
ゆん
うん!そうだね!
かすちゃん
じゃ、うちらは帰るんで!
おふたりはじっくりとお楽しみください♡♡
VAZメンバー
VAZメンバー
じゃあねー!
じんたん
じんたん
あ、なんか…ごめんね!
気をつけてね!また遊ぼーねー!
テオくん
テオくん
じゃあなー
スカイピース
スカイピース
………
沈黙が流れる
そりゃそうだよな
訳も分からない間に彼氏である俺の機嫌がクソ悪いんだから
最初に沈黙を破ったのはじんたんだった
じんたん
じんたん
あ…あのさ…楽しく、なかった?
テオくん
テオくん
いや、楽しかったよ

さっきまではね
じんたん
じんたん
そっ…か
ちなみにー…俺なんかした?
テオくん
テオくん
…んー、したと言えばしたね
じんたん
じんたん
なに?なにした?何したら許してくれる?
テオくん
テオくん
そうだなぁ…まずは
じんたんの腕を引っ張って引き寄せ、半ば強引にキスをする

短いキスから長いキスへと
じんたん
じんたん
んっ…はっ…んぅ…んっ
突然の事で息ができないのか、俺の胸をパンパン叩き離そうとする
そんな姿を見ていじめたくなって俺はそのままキスをし続けた



すると突然じんたんが膝から崩れた
テオくん
テオくん
っぶね!
酸欠になってしまったのか俺に抱えられ、冷や汗を流しながら虚空を見つめ、必死に肺に空気を送ろうとするじんたん

その姿があまりにも可愛くて俺はそのまま車まで運び

回復しきってないじんたんの服の中に手を忍ばせ弄った
じんたん
じんたん
…んゃっ…フッ、うぁ…
またも、突然の事で対応しきれてないじんたんは俺の服を握り、萌え袖の手で口を覆い、涙目になって必死に声を抑えている
その姿に俺の理性は耐えきれなくなった
テオくん
テオくん
…じんたん、挿れるから
すると驚いた顔で
じんたん
じんたん
い、や…なん、でっ、アッちょっ、…やば…んぁ/////
テオくん
テオくん
…いーよ、変に我慢しなくても
いきな
じんたん
じんたん
…んっ…あっ…///
ぐったりともたれかかるじんたんを横目に俺はじんたんの中で動いた
じんたん
じんたん
やっ、だぁ…フッ…ハッいった、っばっかぁ…
やめて、と抵抗してくるじんたんを無視し、だんだんと早くしていく

するとまた
じんたん
じんたん
っも…無理…やらっ…んぁっ…くるっ
テオくん
テオくん
…俺もっ…中に出すよ、っ?
二人同時にいった
付き合ってから初めてだったけど


めっちゃじんたん気持ちよかった
テオくん
テオくん
はぁ、はぁ…じんたん?
じんたん
じんたん
返事がない

え、まさか!?
俺の肩にもたれるじんたんの顔を覗くと顔を真っ赤にさせて、息が上がったまま寝ていた
テオくん
テオくん
…ごめんね、じんたん。
俺の嫉妬はじんたんを苦しめちゃったみたいだ




もしもこの気持ちがなかったらじんたんは

今より輝いてるのかな
テオくん
テオくん
…とりあえず帰ろ
寝ているじんたんを後部座席に寝かせ、スカイハウスに向かった
―――――――――次の日―――――――――
テオくん
テオくん
…んっ…朝か…
じんたんの様子を見に行こうと俺の部屋を出ると…
ギュッ))
テオくん
テオくん
おわ、…ってじんたん???
どうしたの?
じんたん
じんたん
ごめん…なさいぃ…グスッ…もう何もしないから…っ嫌いにならないで??
…ん?なんかじんたんに変な勘違いをさせてないか?
テオくん
テオくん
ちょっ、とりあえず、落ち着いて?泣きやも?
じんたん
じんたん
…グスッ
ん、
しばらく経つと、随分落ち着いたようで、まだ腫れてる目で俺を見て
じんたん
じんたん
テオくん、もう怒ってないの?
テオくん
テオくん
いやっ、あのね、じんたん…
謝らなきゃいけないのは俺の方なんだ
じんたんが楽しそうに笑ってるの見て、幸せそうなのは俺も嬉しいんだけど…嫉妬…なのかな、しちゃって


それで…
気まずくて逸らしてた目をじんたんに向けると…

顔が…赤い?
じんたん
じんたん
嫉妬…してくれたんだぁ…///
テオくん
テオくん
え、うん。
じんたん、なんか今日変だよ?大丈夫??
じんたん
じんたん
うん、俺は大丈夫笑
嬉しいなぁって思ってさ
俺、言ってなかったけど結構テオくんに嫉妬してたの。だから俺だけだ思ってたけど…違うんだね!
俺、安心した!
テオくん
テオくん
そっか笑じゃあ…おいで?
じんたん
じんたん
うん!
と言ってじんたんが俺に抱きついてくる…しかし。
じんたん
じんたん
っだぁぁあい!
腰を抑えて俺の方に倒れ込む形になってしまった
テオくん
テオくん
え!?じんたん!?
じんたん
じんたん
テオくん…ちょっと昨日激しくやりじゃない?
俺まだ処女だったんだけど…
テオくん
テオくん
あ、はは( ̄▽ ̄;)
それはまじでごめん笑
じんたん
じんたん
んー!もういいよ!
…次は…もうちょい優しくしてね?
テオくん
テオくん
っ!!
分かった!優しくする!
途中、最悪な思い出になると思われたじんたんのディズニーランド計画は、俺達が繋がるきっかけになる素敵な出来事となりましたとさ♪♪

めでたしめでたし!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あさめ
あさめ
こんにちは。友達が私の知らない人に向かって「文系のくせに日本語しゃべれねぇのはマジでクソだわ爆笑」って言ってるのを見て関係ないのに一人で傷ついてる系女子です。死にてえ…あ、よろしくお願いします