無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第42話

極短4
《これは私が帰宅中に見たラブラブな男性二人の会話(付き合ってるかどうかは知らない笑)》
じんたん
じんたん
んー…まだかなー
今日は外国に行ってるテオくんが帰ってくる日!久々に会うからちょっと緊張するな
ソワソワしながら待ってると
((ギュッ
じんたん
じんたん
んぇ?誰?
テオくん
テオくん
じんたん!!久しぶり!
じんたん
じんたん
テオくん!ほんとにテオくん?笑
テオくん
テオくん
ほんとにテオくんだよ笑
あーほんとに会いたかった!
じんたん
じんたん
俺も!ずっと待ってたんだよ?
テオくん
テオくん
ごめんね?帰るの遅くて
周りの目を気にせずハグをする
じんたん
じんたん
んー…テオくんだぁ…
テオくんの胸に顔を埋める
テオくん
テオくん
ふふ笑じんたん可愛っ笑
じんたん
じんたん
もー!可愛くないし!
てか早く帰ろ?
テオくん
テオくん
おう!
――――――――――――――――――――
幸せかよっつってな!ハハハハ

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あさめ
あさめ
こんにちは。友達が私の知らない人に向かって「文系のくせに日本語しゃべれねぇのはマジでクソだわ爆笑」って言ってるのを見て関係ないのに一人で傷ついてる系女子です。死にてえ…あ、よろしくお願いします
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る