無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

15 放課後2
シルク
シルク
失礼します。
〇〇先生いますか?
↑担任の先生の名前です。
先生
おぉ
どうした?
あなた
あなた
先生
あなた?
シルク
シルク
別のところで話してもいいですか?
先生
あ、あぁ
別室で
先生
それでどうした?
シルク
シルク
あなた話せるか?
あなた
あなた
シルク
シルク
俺が話してもいいか?
あなた
あなた
(。_。`)コク
シルク
シルク
実は、(いろいろ今までのことを話す)
シルク
シルク
ということがありました。
先生
ごめんな、きずいてやれなくて
退学にしなくて
あなた
あなた
先生
退学にするな
シルク
シルク
はい
シルク
シルク
失礼しました
シルク
シルク
あなた大丈夫か?
あなた
あなた
((-ω-。)(。-ω-))フルフル
シルク
シルク
ごめんな、
これから、なんかあったら言ってな
あなた
あなた
(ボソッ)ありがと
シルク
シルク
やっと喋ったねw
あなた
あなた
笑笑