無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

30 マサイ,シルク
らん
次は、マサイ!
マサイ
マサイ
えっと、
ンダホは、運動出来なさそう?
モトキは、優しそう
シルクは、運動出来そうでも、バカ
あなたは、ツンデレかも
らんは…
らん
???
シルク
シルク
(ボソッ)消えた方がよくね?
モトキ
モトキ
(ボソッ)だね
あなた
あなた
(ボソッ)告白か
ンダホ
ンダホ
(ボソッ)えっ?
シルク
シルク
(ボソッ)いいから

(普通の声で)ちょっとトイレいってくる
マサイ
マサイ
えっ?
らん
えっ?
マサイ
マサイ
(ボソッ)そういう事か
らん
まぁ、いいや
なに?
マサイ
マサイ
いつからか分からないけどらんのことが好きです!
良かったら付き合ってください!
らん
うそっ…
嬉しい
らん
お願いします!
シルク
シルク
やったな
あなた
あなた
おめでとう
モトキ
モトキ
くっついたーーー
ンダホ
ンダホ
そういう事か!
らん
まぁ、ありがとねー!
次は、シルク!
シルク
シルク
の前にーー
マサイも、俺の事バカだと思ったのか!
あなた
あなた
そうでしょ
うちなんて、ツンデレじゃないのにツンデレって思われたし
シルク
シルク
まぁ、いいやw
えっとーーー
らんが、賑やかなやつだな
ンダホが、優しそう
モトキが、性格良さそう
マサイが、しっかりしてそう
あなたが、優しいんだろうなって
らん
じゃー
次ラストあなた!
✄------キリトリ------✄

ここで切ります!
あなたのは、次回に伸ばします!

( ๑≧ꇴ≦)ゞアデュー!!!!