無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

22 シルク、マサイin屋上
マサイ
マサイ
シルク大丈夫か?
シルク
シルク
マサイ
マサイ
まだ、振られたわけじゃないんだよ?
シルク
シルク
分かってる…
マサイ
マサイ
じゃあ、頑張らないと
シルク
シルク
頑張りたい
だけど、もう無理
マサイ
マサイ
それでも、シルクかよ!
シルク
シルク
マサイ
マサイ
そんなやつだとは、思わなかった
頭冷やしとけ
シルク
シルク
マサイ
マサイ
じゃあな
シルク
シルク
マサイside

やばい…
シルクにキレちゃった…
でも、シルクのためだ
シルクside

マサイ怒らせてしまったな…
情けな…
✂︎- - - - - - - -キリトリ- - - - - - - - - - -

短くてすみません。
シルクとマサイが喧嘩したときのメンバーの反応を次回は書きます。
いつに、なるかわかんないです。
(水曜までにはかきます!)


( ๑≧ꇴ≦)ゞアデュー!!!!