無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

14 放課後1
シルク
シルク
あなた行こ
あなた
あなた
うん
女2
ま、待ちなさいよ!
(あなたを殴ろうとする)
シルク
シルク
パシッ
1回じゃないとかウザイやつ
マサイ
マサイ
ごめんねー
今のとってたー
女2
は?
らん
シルク持っていきなよ
あなた
あなた
証拠になったね
モトキ
モトキ
これで、もう大丈夫だろうね
ンダホ
ンダホ
さすがにな
マサイ
マサイ
はい
シルク
シルク
ありがと
女2
なんで、みんなあなたの味方するのよ
うわぁーん
らん
だから、嘘泣きとか草
あなた
あなた
何が気に食わない?
マサイ
マサイ
(コソッ)
撮ってるね
シルク
シルク
(コソッ)
ありがとな
女2
私の方が、Fischer'sの人達が好きなのにあなたがその場所を奪うからよ!
あなた
あなた
へーそれで?
女2
はぁ?
おめーが邪魔でタヒんで欲しかったんだよ!
モトキ
モトキ
そんなやつ、嫌いなんだけど
ンダホ
ンダホ
逆にね
マサイ
マサイ
好きになったらおかしい
シルク
シルク
うぜー
あなた
あなた
別に友達とか、決めるの自分で決めればいいんじゃないの?
らん
というか、私をFischer'sとよくいるけどなんであなただけいじめたの?
女2
ギクッ
らんは、強そうだったから
シルク
シルク
そんなの人で判断してるだけじゃねーか!
まじて、お前を許さねーからな
マサイ
マサイ
残念、これも撮ってましたー
女2
( `_ゝ´)チッ
シルク
シルク
あなた今度こそ行こ
あなた
あなた
う、うん