無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

8 放課後
あなた
あなた
行ってくる
らん
頑張れ!
教室で待ってる!
マサイ
マサイ
俺も
ンダホ
ンダホ
待ってるよー
モトキ
モトキ
頑張ってね!
あなた
あなた
ありがと!
シルク
シルク
あなた行こか
あなた
あなた
うん
あなた
あなた
(ガチャ)
シルク
シルク
(中から、覗いてる)
女2
きた~
女1
あなた
あなた
なに
女2
あなたちゃんがね~ウザイの~
あなた
あなた
だから?
女2
死んで(トーンが下がる)
女1
ごめんね、あなた…
ドンッ
あなた
あなた
きゃーーー
シルク
シルク
バンッ
あなた!
女2
えっ?
女1
シルク
シルク
おめーらまじで許さねーからな
女2
やだ~なんのこと~?
女1
シルク
シルク
見てたんだよ!
女2
ちっ
シルク
シルク
くそっ
(屋上を出てすぐ先生のとこに)
先生!あなたが!
先生
なんだって!
だれか、救急車呼べ!
シルク
シルク
マサイ!だほ!モトキ!らん!
マサイ
マサイ
なになにー
らん
??
モトキ
モトキ
何があった?
ンダホ
ンダホ
シルク
シルク
あなたが、屋上から突き落とされた
らん
えつ、…
シルク
シルク
だから、来て!
マサイ
マサイ
う、うん
あなたのとこに
シルク
シルク
あなた!
あなた
あなた
先生
病院に連れていってもらって、手術するらしい
だから、お前らは1回家に帰ったらまた学校こい
そしたら、送ってやる
シルク
シルク
わ、分かりました…