無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

雄英高校入試
某月某日
〜雄英入試会場〜
プレゼントマイクさんの説明が終わり、実技試験会場に移動する


バス乗り場で、すごい目つき悪い男の人を見たけど違う会場みたいだ


ちょっと残念だな


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−














うおぉぉぉ!!←
バッサバッサと仮想敵を倒していく。










         
         16体目…















         20体目……
      










        30……何体目だっけ?
      





         疲れた
         手が痛い


         動けない
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−--
飯田天哉
飯田天哉
お互いベストを尽くそう!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
         飯田くん……


















       絶対合格して見せるから…!



























クラスメイトと放課後マックで談笑するために…!















作者
作者
すいません
作者
作者
尺の関係でプレゼントマイクさん
飛ばしました
プレゼントマイク
プレゼントマイク
そいつはシヴィー!!
作者
作者
ほんとにスイマセンしたァァァァ!!!