無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

初日下校時刻
〜初日終了したお☆〜


教室でお茶子ちゃんに呼び止められる
麗日お茶子
麗日お茶子
ねー!あなたちゃん、一緒に帰ろ!
早乙女(なまえ)
早乙女あなた
いいいい、いいよ!
ハッ!ごめんね、誘われたの初めてで……
麗日お茶子
麗日お茶子
あはは〜、嬉しいんだー!
可愛いね〜
可愛いって…
(*ノェノ)キャー恥ずかしい…///照れるっ///
麗日お茶子
麗日お茶子
え、可愛い尊い
1年A組男子
(((((それな)))))
それに激しく同意する男子。
(因みに出久君と飯田君は少し前に教室を出ています)
上鳴電気
上鳴電気
ん…?轟?爆豪?
切島鋭児郎
切島鋭児郎
お前等まで…!!まさか!?
轟焦凍
轟焦凍
うるさい凍らすぞ/////////
爆豪勝己
爆豪勝己
ンなわけねぇだろ…死ねカスゴミ…////
1年A組男子
(((絶対落ちとるなコイツら)))
そんな会話を都合よく聞いていなかったあなた。
早乙女(なまえ)
早乙女あなた
お茶子ちゃん!帰ろ♪
麗日お茶子
麗日お茶子
あぁ!う、うん!そそそうやね!
めっちゃ動揺しとるがな!!
〜外〜
麗日お茶子
麗日お茶子
あ、あそこに居るのって!
お茶子ちゃんの視線の先を見ると飯田君と出久君。
手を繋いで二人のところへ駆け足で向かう。
麗日お茶子
麗日お茶子
お二人さーん!
このとき何故か恋人繋ぎなのかは気にしたら負けだ





























作者
作者
全話で行ったアンケートの中間(?)
結果発表です!
作者
作者
このままいくと58%でオールマイトと一騎打ち!になります。
作者
作者
今日を含め、あと3日後に締め切るので投票はお早めにお願いします!