無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

早乙女(なまえ)
早乙女あなた
う〜ん
おっきい!!
ただいま私が立てこもるビルの前に立っています


ここまで来るのに結構かかったんですけど…
やっぱり雄英は広いってことを改めて思い知らされた…
核がある場所に行く。


大きさは私の身長の1.5倍くらいでロケットみたいな形だ。
準備時間は10分、とりあえず個性を常時発動させておく。


治癒の方は、治すところがないので使えない。
よって発動させているのは怪力の個性だ。


この個性を使って壁を壊して通路を塞いだり落とし穴を作った。


オールマイトが引っかかってくれると楽でいいんだけど…
さっき壁とか壊しまくったからキャパしそうだしね
《ザザッ》
麗日お茶子
麗日お茶子
《あ〜あ〜…聞こえる?》
通信機からお茶子ちゃんの声が聞こえてくる
あれれ?なんでだろう
蛙吹梅雨
蛙吹梅雨
《…ケロッ、オールマイト先生はもうビルの前に移動したわ》
だからお茶子ちゃんたちが出たのかぁ…納得!
八百万百
八百万百
《準備時間がそろそろ終わりますわ》
そのために連絡してくれたんだね!
早乙女(なまえ)
早乙女あなた
ありがとう!!
芦戸三奈
芦戸三奈
《あー!!お茶子たちばっかズルーい!!》
葉隠透
葉隠透
《そ~だ!!そ~だ!!》
耳郎響香
耳郎響香
《私だって応援したい…(。ŏ﹏ŏ)》
麗日お茶子
麗日お茶子
《そうやね!じゃあせーので!!》
1年A組女子
《頑張って!!あなた〜!!!!!》
爆豪勝己
爆豪勝己
《うるせぇわクソ共が!!!!》
上鳴電気
上鳴電気
《オイ爆豪!!あ、頑張れよ早乙女!》
轟焦凍
轟焦凍
《(俺も応援したい…)
 ボソッ)頑張れよ》
《ブツッ》
通信が切れた…
皆も応援してくれてるし頑張らないと…!
早乙女チーム(1人)VSオールマイトチーム(1人)


訓練…START!!!!!



































作者
作者
どーも作者です。
短いですが今回はおしまいです。
作者
作者
雑談部屋(?)で新作アンケートにご協力いただけた方には抽選でPS5をお届けさせていただきます。←←←嘘です