無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

見守り
〜屋上
あなた

はぁ…はぁ…。
…もうどうしたらいいかわかんないよ。

あなた

うっ…うぅ…。もう、やだ。

〜HCUにて
白石恵
白石恵
ふぅ…。
藤川一男
藤川一男
はい、コーヒー。
白石恵
白石恵
ありがと。
藤川一男
藤川一男
大丈夫?
白石恵
白石恵
うん…。
藤川一男
藤川一男
悪い。
白石恵
白石恵
ん?
藤川一男
藤川一男
さっきのあなたの話、聞こえてた。
医局入ろうとしたらさ入りにくくなっちゃってさ。
白石恵
白石恵
そう…。どうしたらいいんだろう。
藤川一男
藤川一男
白石は見守ってやればいいんじゃん?
白石恵
白石恵
え?
藤川一男
藤川一男
救命のスタッフリーダーだからってなんでもかんでも解決しようとしなくていいと俺は思うけどなー。
白石恵
白石恵
でもそれじゃ何も解決しないでしょ?
藤川一男
藤川一男
うーん。なんていうんだろうな。
藍沢とぶつかったからって無理に気を使う必要はないよ。あいつらは仕事は仕事でちゃんとやるやつらだろ?
白石恵
白石恵
まぁ…たしかに。
藤川一男
藤川一男
俺らでサポート出来る事はしてやろう。
白石恵
白石恵
そうね!でも声はかけてみるわ。
藤川一男
藤川一男
やっぱ白石だな。
白石恵
白石恵
え?
藤川一男
藤川一男
なんでもー。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆいな
ゆいな
高2女子です!一日中コード・ブルーの事を考えています♡ コード・ブルーに夢や希望をたくさんもらいました。 感謝してもしきれません、ありがとうコード・ブルー
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る