無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

フェローの差
〜HCUにて
緋山美帆子
緋山美帆子
ねぇ、このカルテ書いといてって言ったじゃん!
名取颯馬
名取颯馬
あー、すみません。あとでやっときます。
緋山美帆子
緋山美帆子
あとで?今やってよ。今!
藤川一男
藤川一男
まぁまぁそんな怒んないの。ゆっくりやろうよ。ゆっくり!
緋山美帆子
緋山美帆子
私さそんな暇じゃないんだけど。
横峯あかり
横峯あかり
藤川先生!これはどうやって書けばいいんですか?
藤川一男
藤川一男
あー、それはね患者さんの個人情報に注意して書けばいいんだよー。
横峯あかり
横峯あかり
わかりました!じゃあこの薬はどこに置いとけばいいですか?
藤川一男
藤川一男
ラウンドに置いときなー。
横峯あかり
横峯あかり
わかりました!じゃあこの薬は?
藤川一男
藤川一男
俺はずっと質問攻めなんだわ(小声
緋山美帆子
緋山美帆子
めんどくさっ(小声
〜ICUにて
灰谷俊平
灰谷俊平
し、白石先生。点滴の時間はどのくらいで…
白石恵
白石恵
それだと速すぎるからもう少し遅くして。
灰谷俊平
灰谷俊平
は、はい。
白石恵
白石恵
血液の蛋白濃度低下してるからビーフリード輸液持ってきてくれる?
灰谷俊平
灰谷俊平
わかりました。
白石恵
白石恵
(戻ってこないな。もう15分経ってるのに…)
白石恵
白石恵
あ、冴島さん。灰谷先生見なかった?
冴島はるか
冴島はるか
なんか倉庫でうろうろしてました。何か探してる様子でしたよ。
白石恵
白石恵
あー、わかった。ありがとう。
灰谷俊平
灰谷俊平
どこにあるんだ…
白石恵
白石恵
灰谷先生?
灰谷俊平
灰谷俊平
あ、すいません。どこにあるのかわかんなくて。
白石恵
白石恵
五十音順になってるからね。
ほら、ここにある。
灰谷俊平
灰谷俊平
…すいません!
白石恵
白石恵
じゃあICU戻って入れてきてね。
灰谷俊平
灰谷俊平
は、はい。
白石恵
白石恵
…疲れる(小声
〜医局にて
あなた

藍沢先生、このカルテ書いておきました。

藍沢耕作
藍沢耕作
わかった。じゃあICU行くか。
あなた

はい。

冴島はるか
冴島はるか
藍沢先生、この患者さん血圧下がってます。
藍沢耕作
藍沢耕作
気胸だな。あなた、胸腔ドレーンやってみろ。
あなた

わかりました。

冴島はるか
冴島はるか
お願いします。
あなた

(曇った…) できました。

冴島はるか
冴島はるか
血圧戻りました。
あなた

固定しておきます。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆいな
ゆいな
高2女子です!一日中コード・ブルーの事を考えています♡ コード・ブルーに夢や希望をたくさんもらいました。 感謝してもしきれません、ありがとうコード・ブルー
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る