無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

電話
〜ラウンドにて
白石恵
白石恵
緋山先生、森田さんの検査終わった?
緋山美帆子
緋山美帆子
今から行くとこ。何で?
白石恵
白石恵
これ整形外科の宮木先生に渡して。
説明はしてあるから。
緋山美帆子
緋山美帆子
りょーかい。行ってきます。
白石恵
白石恵
はーい。
あなた

お疲れ様です。

白石恵
白石恵
お疲れ。
あなた

白石恵
白石恵
あ、あのあなた先生。えっと…
冴島はるか
冴島はるか
あなた先生、お電話です。
あなた

私ですか?

冴島はるか
冴島はるか
はい。青柳泉さんという方から。
あなた

え…。すぐいきます!

パタパタパタ
白石恵
白石恵
誰なのかな。
冴島はるか
冴島はるか
私も分かりません…。
少し口調が強くて。早くあいつを出しなさいよと…。
白石恵
白石恵
前の病院の患者さんかもね。
冴島はるか
冴島はるか
では失礼します。
白石恵
白石恵
うん。
あなたside

今さらなんなのよ。
急に私を探し始めて。
もう放っておいてよ…。

お父さん、お母さん、お姉ちゃん。
私はいつまで苦しめばいいですか?
これから先もずっと辛い事ばかりなんですか?
お父さん、藍沢先生は練習だってはっきり言ってたよ。私は悔しくて悔しくて。

でも藍沢先生はすごい医者で。
だから余計に悔しくて。

そしてまたあの人が私の前に現れて。

辛いです。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆいな
ゆいな
高2女子です!一日中コード・ブルーの事を考えています♡ コード・ブルーに夢や希望をたくさんもらいました。 感謝してもしきれません、ありがとうコード・ブルー
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る